フクロモモンガのオスと暮らしています。名前はモンです。日々どんな食べ物をあげてるか、どんな遊びをしているかなど、ちまちまとしか書いてませんが少しでも参考になればと思います。

カテゴリ: モモンガ

image



最近のモンは、目に見えて活発です。

8月中旬から1週間で10グラム減。

それから約3週間経ち、体重を測ったところ、160グラムになってました。

更に10グラム減ったことになります。
つまり、腫瘍を見つけた時は180グラムもありました

毎日のかやんぽと食事制限のおかげで順調に体重が減っています。体が軽くなったせいか、最近はよく遊びたがります。



image



ウルウルの熱視線にやられて
時間がなくてもつい出してあげてしまいます。

夜は12時過ぎ、
朝は10時くらいまで
私が近くにいるとポーチから出てきてケージの外に出たがる感じです。

といっても、出ても私のところに来るわけではなく、大体ケージの上のタオルの中に潜っていきます。

それは痩せる前から変わらないのですが、痩せてきてからは出たがる頻度が増えました。そして、ある程度の時間くるまると散歩を始めます。行動範囲も増えてるような。




このまま130グラムぐらいにはしてあげたいです。無理はさせずに。




こんなに順調に減ると思ってなかったのでモンのがんばりを褒めてあげたいと思います。

image

かやんぽ、今日も1時間ほどしました。

その後お薬をあげて、ご飯タイム。

image


ささみ
ジクラアギトゼリー
豆腐
ヨーグルト


見ての通りの少量です。


この4種類はモンは好きです。
特にささみは大好きで一番最初に食べます。

今も食べてます。

image





つい先ほどもささみを食べてて、
うんちをするようないきみも同時にして、
ささみを放っぽりました。

でもうんちをするでもなく。。。



様子を見てても大人しくしてるだけ。
ウンチが出づらいのかと思い
少しお腹のマッサージをするも
何も出ないし嫌がるしで中断。


しばらくしたら落ち着きました。
またささみを食べ、
私がケージのそばにいると
外に出たがり。

出してもらえないとわかるとまた
ささみを食べてました。

食べると今度はたそがれタイム。
たそがれすぎてていつも心配してますが
いつものことなので心配しすぎないように
してきました。
でもなんだか今日は心配。。
いつものたそがれというより
何か身体に力が入ってるようにも見える。
便秘かなぁ。。

アリメペットをあげることにします。
気休めだけど。


こんな時間まで明るくしてるから
微妙に動けないだけ?

わかりませんが、明らかな異常はないので
ひとまず様子を見ます。



フクロモモンガは丈夫な生き物と言われます。
たしかに病気しにくいと思います。
他の小動物と比べて。

だけどこんなに小さな身体なので
ちょっとしたことが負担だったりも
するはずです。








今アリメペットあげました。

食いつきはいまいちでしたが
一度手に取るとしっかり食べてます。






気になるけど、そろそろ寝ます。
モン、明日の朝また会おうね(^-^)
おやすみなさい。


image




お水を飲んで
落ち着いたのか、

ささみをプップ言いながら食べ始めました。
少し元気出たかな。。

毎日1時間ほどのかやんぽをしてます。


image



見る人が見たら、
まだまだ少ないかもしれません。

ですが今まで部屋に放しても
お気に入りのタオルにくるまる
ばかりだったモンにとっては
大きな変化です。

過去に、蚊帳で遊ばせてる最中に
嘔吐してしまったこともあり、
蚊帳で遊ばせるのが怖くなってた
という私の理由もありまして
しばらく蚊帳からは離れてました。

が!
便利です。改めてそう思いました。

モンはあまり蚊帳が
好きではなさそうでしたが
連日入れてるとさすがに慣れて
何度も同じルートをまわったりして
楽しんでます。

でも、蚊帳の四隅に突撃していったりと
蚊帳から出る努力をしてもいる様子。
出られないのにがんばるモンを見てると
笑えます



ダイエットなので、
運動ばかりではありません。

食事も減らしています。


image


デラウェア
豆腐
ささみ
ヨーグルト


今までの量に比べると、、、
半分くらいでしょうか。
それ以下かもしれません。

かなり減らしています。

なので、毎朝完食です。

あ、でも
炊きたてのお米だけは食べてませんでした。
やはり好きじゃないようですね。。

そして、
今まで2粒あげていたアリメペットも
今はあげてません。
便秘気味なのでどうなることやらと
思ってましたが
意外とちゃんとうんち出てます。
運動効果かな。

とはいえ腸内環境のためにも週一くらいで
アリメペットあげたほうがいいかもですね。



そんなわけでモンが最近よく動き
元気いっぱいに見えます。
投薬効果か臭腺の腫れも小さくなりました。

モン、がんばっててえらいね!


image

image




こんばんは。

今日はモンとのおでかけ(泊まり)について書きます。

デリケートと言われるフクロモモンガを連れて出かけることには賛否両論あると思いますが、私は一緒に出かける派です。

さすがに最初はおそるおそるでしたが、いまではモンもある程度慣れているように思います。

もちろん普段とは環境が違うので、モンが安心できるような措置は極力とっているつもりです。

あと、行く場所はだいたい決まっています。私は実家に帰省する時モンを連れて帰ることが多いです。

そのため、実家にもアクリルケージを置いてあります。

移動時間は片道4時間ほど。
ショルダーポーチに入れて出かけます。
一応フクロモモンガ専用のものだと思います。いつもモンが入っているポーチを入れて少しだけ余裕があるサイズ。つまり小さいです。

モンはなぜかこのショルダーポーチが落ち着くようで、入るように仕向けると進んで入ってくれます。

そして、おでかけ中はほぼ寝てます。
様子を見る限りポーチの中にいる分には
リラックスしているようです。

移動時間が長いので、
途中で与えるペレットと、
モン用のお水を忘れず持ちます。

お水は、ハーフのペットボトルを
自販機で購入することが多いです。

あげ方は、ペットボトルの蓋に水を注いで
ポーチの中に入れてモンに飲ませます。
喉が渇いてるときちんと飲みます。

日中の置きエサにしているペレットもたまにあげて、いつもとなるべく変わらない食生活になるよう心がけてます。



寒い冬はポーチについてるポケットにホッカイロを入れるとかなりあったまります。
途中からは暑くてモンが避けてるくらいです。その場合は取り外してあげます。ホッカイロは熱くなりすぎることもあるので頻繁に様子を見ます。

それと、風の吹く外ではマフラーなどにポーチを軽くくるんで寒くならないようにしたりしてます。

暑い夏は…あまり何もしてません
お水はこまめにあげるようにしてます。
炎天下に長くいるってこともそんなになくすぐに冷房の効いた室内に入ることが多いので、これで今まで大丈夫でした。



実家に着いたらケージ環境を整えてあげます。もう何度も行っているのでうっすらとモンの匂いが染み付いてると思います。
そのおかげかモンはすぐにリラックスモードです。

お気に入りのおもちゃはなるべく持って行きます。モンのリラックスのためです。
そして、落ち着いたらいつも通り私の服の中にポーチごと入れて、いつもと変わらないように過ごさせます。


私はモンしかお迎えしたことがないのでほかの子との個体差と比較できないのですが、モンはビビリだと思ってます。家でも何かに包まってないと落ち着かないみたいだし、私と遊ぶ時も基本ポーチのなかで落ち着きます。

袖口や手の中で無防備に寝てくれるのを夢見てましたが叶うことはなさそうです

ただ、その代わりと言ってはなんですが、ポーチに入ってさえいればどこに行っても安心という感じです。

一度公園に連れて行ったことがありますが、外の世界は怖がってポーチから全然出てこないです。ちょっと出してみたら、一瞬花の匂いを嗅いでソッコーでポーチに逃げ込みました



というわけで

乱文ですみませんが、我が家はこんな感じでモンとおでかけしてます。

実家以外の旅行記もありますが
それはまたの機会に…



image

本日私の帰宅が遅くなり
今ようやくモンを部屋に放しています。
放すといっても100パーセント私の監視下ですが。

暗闇のモンは元気いっぱいなので
写真撮りたい瞬間もおおいのですが
暗すぎてなかなか撮れません。

image


く、、、暗っっ





image


心なしかルンルンしてます。

高いところに登っては
尻尾くねくね。
くねくねタイムは短い。

4歳ですがまだ発情してるようです。

尻尾を動かす位置が随分低くなったような気はします。気のせいかな?
皆さんのおうちのモモさんはどうでしょうか?



本か何かで、5歳から老化がはじまるって書いてあるのを読みました。

病気のこともあり、
モンを見ると命を考えずにいられないです。

小さな命だけどかけがえがないです。
動物と暮らすようになって心境に変化のある方っておおいと思います。私もそのご多分に漏れません。

当初は自信もないし怖かったし、責任の重さも感じてポジティブな気持ちばかりではありませんでした(元は、旦那さんの意向でお迎えが決まったんです)。

じつは、動物の肉々しさを感じてしまい、お肉を食べることにもしばらく抵抗があったほどです… 今ではその感覚が全然ないので思い出すことができないのですが


だけど、日に日に、みるみるうちに母性を引き出される感じでした。

フクモモの外見の可愛さももちろんありますが、じぶんの行動の1つ1つの積み重ねでモンが育っていくんだということを日々感じましたし、今も感じます。

大切なものがあるって幸せです。

モンと一緒に私も成長させてもらっています。



きっとモモパパ&モモママの皆さまも一緒ですよね



なんだか語ってしまいましたが
フクモモのいる生活のありがたみを感じてます。

そんなわけで、
今日もモンはダイエットです!

image




少なすぎるとモンから苦情がきそうです






image


お気に入りの、
ケージの上の空間に跳ぼうとするモン。

ふっくらした…いや、どっしりした
後ろ姿です

↑このページのトップヘ